大麦若葉の青汁の摂取タイミングと美味しい飲み方を知ろう

目的別の摂取タイミング

青汁

栄養補給が目的なら

大麦若葉青汁に含まれている栄養分を、しっかりと吸収したいという人は朝起きて直ぐに飲むか、朝食と一緒に飲んでみて下さい。朝起きて直ぐは空腹状態になっているため青汁に含まれている栄養分を効率よく吸収することができると言われています。

便秘解消が目的なら

便秘に悩んでいるという人も、朝起きて直ぐに大麦若葉青汁を飲むと良いと言われています。朝起きて直ぐに青汁を飲むことで腸を刺激することができます。また、青汁に含まれている食物繊維が腸内に溜まっている老廃物などを体の外に出してくれるため腸内環境を整えることも可能です。

ダイエットが目的なら

食生活面でもダイエットに効果のある方法を試したいという人は、食事の前に青汁を飲んでみましょう。コップ一杯の青汁を飲むことで、多少空腹感を紛らわせることができるため食べ過ぎを防ぐことができます。また、食事の前に飲むことで太る原因と言われている血糖値の上昇を抑えることもできます。

青汁アレンジレシピ

青汁ミルク

青汁の苦味や、匂い、色が苦手という人はミルクに混ぜて飲んでみて下さい。ミルクと混ぜることで、色味や匂いを抑えることができ、味をまろやかにすることができます。ちょっと甘みが欲しいという人は、蜂蜜などを入れてみと良いでしょう。

青汁豆乳バナナ

青汁と豆乳さらに、バナナを入れてミキサーなどでスムージーを作りましょう。バナナを入れることで飲みごたえがアップし満腹感を得ることができます。そのため、ダイエット目的の人から人気を集めている飲み方です。

青汁ヨーグルト

青汁とヨーグルトを一緒に混ぜて食べることで、便通を良くすることができます。朝食をあまり食べないという人でもヨーグルトなら気軽に食べることができ、必要な栄養を摂取することができます。

ホット青汁

なるべく冷たい物を飲みたくない人は、人肌程度に温めたお湯に大麦若葉青汁を溶かして飲んでみてください。ホット青汁は体を温めながら飲むことができるため、冬場などには最適です。しかし、熱湯に入れてしまうと青汁の栄養素が破壊されてしまうため注意しましょう。

青汁サラダ

サラダに入れる野菜の量が少ないと感じたときは、青汁を入れて作ったドレッシングをサラダにかけてみましょう。粉末タイプの青汁ならドレッシングを作るときも簡単に溶かすことができます。

広告募集中